世界的な気候変動が原因でベトナムから見えた「富士山」の形状が壊れた?

ベトナム・ハノイ市街地

ベトナム・ハノイの公園

ベトナム・ハノイの商店街

ベトナムの都市部ではバイクの多さに驚いた。移動手段がバイクでハノイやホーチミンなど所得水準の高い都市部では、一家に一台以上、バイクを所有している。
ベトナムのバイクは、ホンダ(HONDA)とヤマハ(YAMAHA)など4社で、ほぼ市場を独占している。
ベトナムの国内メーカーは存在しているが市場シェアは2%程度で存在感が薄い。

ベトナムから見た富士山の絵画

ハノイにある4人ほどのスタッフが働く観光案内所に立ち寄った時のことである。その観光案内所には「浅草雷門の提灯」や「富士山」の絵画など日本の土産品が壁いっぱいに飾られていた。
「日本びいき」と思われる中から「富士山」の絵画がすぐ目に飛び込んできた。ベトナムの画家が描いたものだろう。
ベトナムの山の多くは、尖がっているらしい。
日本では「富士山」の頂上の形状が台形なのに気候変動が原因で変形したのだろうと思ったのかは分らないが、ベトナムから見えた頂上は尖っているように見えたのであろう。
ベトナムの山々を頭に浮かべて素直に描いてしまったのかも知れない?でも、何か変だな?
日本好きには変わりないのだから、これも、愛嬌かな!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です