王道演歌を極める北野まち子

北野まち子

女性演歌陣の中にあって確実に進化を遂げている一人、北野まち子。

安定感のある歌唱力、直向に、真摯に歌に取り組む姿勢。敏腕プロデューサー・馬淵弦三氏(故人)のプロデュースによるデビュー曲「包丁一代」は、今なお代表作として歌い継がれている。

北野まち子,七夕に願いを

「これからも王道演歌を極める」という。時間をかけてもコツコツと地道なキャンペーンをしながら頂点を目指し、それを忠実に実践する。ライブ会場「ユアエルム成田」の特設の七夕笹竹に願いを込めて「たんざく」に「ヒットしますように!」を自ら飾り付けをした。

恋々津軽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です