「大人の塗り絵コンテスト」に102歳で5度目の入選の極意を伝えたい

アカウソ

2022年1月23日で102歳になった母が、
みごと河出書房新社主催の
第16回 大人の塗り絵コンテスト」に5度目の入選を果たした。
挑戦心の塊は今年も実を結んだ。
第16回のコンテストには応募作品数7,777点の中から選ばれた。

大人の塗り絵・入選通知

 

大人の塗り絵コンテスト

入選者は「読売新聞」の2022年2月27日(日)朝刊に広告掲載された。
受賞作品は、東京展と関西展の二か所で行われ、
東京は、渋谷Bunkamuraギャラリーで開催される。
開催時間は2022年4月2日(土)~10日(日)10:00~18:00
最終日は17:00 終了。

102歳の描画テクニックを後世に伝授したいと言う。
1つ目は気持ちが穏やかな時に描く
2つ目は色鉛筆を削る時はナイフを使って芯をとがらせ、面倒がらず先端が丸くなったら丁寧に削る
3つ目は色鉛筆を削る時が気持ちを安定させる時間となる
4つ目は楽しんで描くことが大事、気持ちが楽しくない時はやめる
5つ目は重ね塗りで希望の色がでるまで時間をかけて、他の紙に塗る順番を考えながら試行錯誤する
6つ目はゆったりした時間で塗り急がない
7つ目は絶えず理想の完成絵を頭に浮かべながら楽しい気持ちで最初から完成まで描く
8つ目は筆が進まない時は気分が乗るまで待つ、たとえ日をまたいでも構わない
これらの気構えで描けば皆、誰でも入選するはず。

大人の塗り絵コンテスト

長寿の心得は
「気は、ながーく、腹をたてず、口をつつしむこと」と自信に満ちた表情で話した。
楽しむことが大事…

大人の塗り絵

今風で言うと
楽しさを全集中する(笑い)。
人生には、後悔が付きまとうね。
後悔には、選択した後悔と、選択しなかった後悔の二通りがある。
どちらを選んだとしても自分の人生。
決して他の人と同じ道の人生はない。
人生の道は自分で造っていくのだから、1億人いれば1億通りの道が出来る。

dic

また上手に描くには、良い道具、自分に合った道具が必要。
今まで使用した色鉛筆な中で
DIC(株)製のDIC川村記念美術館で販売している「日本の伝統色・色鉛筆・平安の色・雅」が一番描きやすかった。川村記念美術館は千葉県佐倉市にある。




信頼できない人と能力がない人をコミュニケーション技術で見分ける

信用・信頼できない人を見分ける能力を身に着けると失望・絶望が希望に変わる

コミュニケーション

能力がなく信頼できない人と良好なコミュニケーションをとるためには、その本質にまで、さかのぼった哲学的な考えが大切だと思う。
信頼できない根元を知る方法は相手をじっくり観察することから始まる。
物事の本質を探り哲学的思考で見分ける方法にたどり着いた。
観察するポイントは、発言の内容、損得勘定の程度、信頼の振る舞い状態、行動力・態度の4つに絞って見抜くのが最も効果的な方法だ。

嘘をつく人

初対面の場合は、情報量が少ない状況でも相手に多くの発言の機会を、もたせることにより哲学的コミュニケーション術で信頼性の有無の判断が可能になる。
それがプロ級の観察テクニックだ。
普段、人は意識しないうちに、何気なく哲学的に物事の根元まで、たどって行動しているはずだ。

ひと様々で思考基準に相違があり必ずしも同じ結果に導きだせるとは限らない。

だって人間だもん…
自分が一番大切だから。
99%以上の人は、自己防衛や私欲のため自己中心に走るのは仕方ない。
しかし1%未満ではあるが、相手を思いやる心の人がいるのも忘れてはいけない。

信頼できない人を見分けるポイント

1.話題のすり替え
都合が悪くなると話の内容を替える
2.自慢する
有名人を知っていると鼻高々になる
3.架空話をする
夢のような話しが多い
4.具体性がない
一般論しか話さない
5.我が強い
自分の主張を押し通す

発言

損得
6.お金が最優先
お金の事しか話さない
7.金欠病
お金のない状態が長く続いている
8.自己中心
一方的な話しに周知する
9.金銭感覚にズレ
お金の使い方が無茶苦茶
10.損得勘定
損か得かだけで判断する

金銭感覚

信頼
11.無計画
思い付きが多い
12.他人と比較
他人の成功例を話しの節々にだす
13.悪口を言う
悪口や批判を良くする
14.責任感の欠如
無責任でずぼらである
15.言い訳
初めから逃げ道をつくる

信頼

態度
16.信用の押し売り
正当化しようとする態度が明白
17.身勝手
自己中心で振る舞う態度が見え隠れ
18.謙虚の欠如
素直さに欠け理屈が先行する
19.嘘をつく
つじつまが合わない話がある
20.約束を破る
時間にルーズ

態度

ちょっと待ってよ!…
20の言葉は会社・企業内の良い上司、悪い上司とは…に置き換えても当てはまる。更に広く社会生活全般にも通用出来る言葉なので試してみては…