第14回大人の塗り絵コンテストに入選

大人の塗り絵

2020年1月で100歳になった母がみごと河出書房新社主催の「大人の塗り絵コンテスト」に入選した。
3度目の受賞だ。応募作品数5,947点から選ばれた。読売新聞の2020年2月2日(日)朝刊に掲載された。
この入選作品は「世界の鳥編 ゴシキノジコ」で微妙な色使いで、そっと手を差し出したくようだよ。

大人の塗り絵

読売新聞

受賞作品は東京展と関西展の二か所で行われる。東京は東急文化村・渋谷Bunkamuraギャラリーで開催されるはずだった。
しかし、「現在発生している新型コロナウィルス感染症の情勢を踏まえ、感染拡大防止の観点から2020年2月29日(土)よりBunkamuraギャラリーで開催を予定していたが、第14回大人の塗り絵コンテスト展覧会、東京展の開催を、2020年4月11日(土)より4月22日(土)に日程を延期することとしたので、お知らせする。」とホームページ上に掲載された。

その後、新型コロナウイルスの感染が都市部で急速に拡大している事態を受けて、安倍総理大臣は、政府の対策本部で、東京など7都府県を対象に、法律に基づく「緊急事態宣言」を発令した。
宣言の効力は2020年4月7日から5月6日までで、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡が対象となる。急きょ、展示会は中止となった。

入選は今回で3度目の輝やかしい成績だ。凄い気力と努力には驚いたよ。尊敬に値するよ。母は80歳代の頃は健康の不安はなかったと言っていた。
特に健康を意識した事もないようだ。ここで、母の「健康長寿の10原則」を紹介してみよう。

1.ストレスをためるな、金ためろ
2.理解者をつくろう、悪い人からそっと逃れよう
3.苦労を苦境と思うな、人生苦境はつきもの、ポジティブに生きよう
4.楽しみながら食事をとろう
5.人が喜ぶことをしよう、謙虚な気持ちで人のためになる動こう
6.人が寄って来ることを心から歓迎しよう
7.相手の気持ちを優先的に考え、相手の喜ぶ行動をとろう
8.自己中心はやめよう、自分は、自己中心に気が付かないと自己心中になる
9.生活リズムが大事
10.身体には優しい適度なストレスも必要

いずれも健康長寿の源・原点は精神・気持ちが根底にあるようだ

99歳の熟女が「大人の塗り絵コンテスト」に2回目の入選

窓辺で手紙を読む女

大正9年生まれの母が、「第13回大人の塗り絵コンテスト」に応募したら2回目の奇跡が起きた。応募作品数が6,391点の中から、みごと入選した。
本人に通知が来たのは2019年の年が明けて間もなかった。
使った色鉛筆は「DIC日本の伝統色(平安の色・雅)」だ。この色鉛筆は、微妙に表現できる優れものだよと母が言っていた。
少々言う過ぎかも知れないが匠は、道具を選ぶよ。
この色鉛筆は、千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館の売店の他、取扱店舗が少ない。ちょいとした超有名人になった。

DIC日本の伝統色

2019年2月3日の読売新聞の全面広告に入選者全員の氏名が載った。
「河出書房新社」が出版する「大人の塗り絵」の色々なジャンルの中から選び制作して応募する。
本人は、まだまだ99歳。入選者には入選作品を印刷したトートバッグが贈呈される。

「大人の塗り絵コンテスト」」全面新聞広告

「大人の塗り絵コンテスト」展示会

展示会風景

入選作品は「窓辺で手紙を読む女(フェルメール)」で東京の「渋谷Bunkamuraギャラリー」に2019年3月2日~10日の間、展示された。

窓辺で手紙を読む女

大人の塗り絵 日本をめぐる四季の旅編

97歳の若さで「大人の塗り絵コンテスト」に入選

祖谷のかずら橋

大正9年生まれの母が、97歳で、初めて「第11回大人の塗り絵コンテスト」に応募した。応募作品数が8,234点の中から、みごと入選した。
本人に通知が来たのは2017年の年が明けて間もなかった。
使った色鉛筆は「DIC日本の伝統色(平安の色・雅)」だ。この色鉛筆は、微妙に表現できる優れものだよと母が言っていた。
はっきり言わせてもらうと一生懸命努力人間は、道具を選ぶよ。
この色鉛筆は、千葉県佐倉市のDIC川村記念美術館の売店の他、取扱店舗が少ない。

DIC日本の伝統色

入選と聞いてビックリしたのは、本人は勿論、息子である三男の私だった。
周辺の友人の間では、ちょいとした有名人になった。
2017年1月29日の読売新聞の全面広告に入選者全員の氏名が載った。
母が快挙をやってのけた。
「河出書房新社」が出版する「大人の塗り絵」の色々なジャンルの中から選び制作して応募する。年齢を考えると入選するにはハードルが高いと思った。
入選者には入選作品を印刷したトートバッグが贈呈された。

大人の塗り絵コンテスト「大人の塗り絵」展示会

入選作品は「祖谷のかずら橋(徳島県)」で東京の「渋谷Bunkamuraギャラリー」に2017年4月1日~9日の間、展示された。

入選のトートバッグ

やさしい大人の塗り絵 やすらぎの風景編