「女子高生の甘い香り」まとえるデオコが、おっさん達に人気沸騰

デオコ

「身体はくたびれたおっさんなのに、目を閉じると女子高生のような若い女の子の匂いに包まれる」。
こんな奇妙な「変身」体験をつづったTwitterやブログ記事が話題になっている。
男性に女の子の香りを与えたモノの正体は、ロート製薬の販売するボディソープ「デオコ・薬用ボディクレンズ」。 “「女子高生の甘い香り」まとえるデオコが、おっさん達に人気沸騰” の続きを読む

レイワ歌謡・フォネオリゾーンが地球デビュー

フォネオリゾーン

フォネオリゾーン

2019年現在、全員合計268歳、芸能生活合計220光年!
宇宙ユニット「フォネオリゾーン」が宇宙で話題の新触感としてショッピングモール・イオンタウン成田冨里のステージから規格外の衝撃デビュー。
1970年代の日本映画・ドラマを支えた4人が結成。

「フォネオリゾーン」のメンバーを紹介。

小倉一郎(赤のユニフォーム)
1951年10月29日生まれ。B型。
1960年(9歳)から子役として活躍。1964年に石原裕次郎主演の映画「敗れざるもの」で本格デビュー。
映画「股旅」「ピポクラテスたち」、ドラマ「それぞれの秋」「俺たちの朝」など数々の名作に出演し、名バイプレイヤーとして活躍中。
また童謡作家として秋山敬之介のペンネームで「ぼくのにっきちょう」を作詞・作曲、自ら歌唱も担当。俳句にも造詣が深く、NHK「ひるまえほっと」に出演中。

仲雅美(黄のユニフォーム)
1950年11月9日生まれ。B型。
1968年、東光夫としてミノルフォンより歌手デビュー。
1970年に仲雅美に改名後、日本ビクターより「だから愛して」で再デビュー。歌番組の新人コーナで歌っているところを木下恵介氏に見出されTBSドラマ「冬の雲」で俳優デビュー。
1971年「ポーリュシカ・ポーレ」が大ヒット。映画「同棲時代-今日子と次郎-」「愛と誠」、最近では映画「乳首ドリルの逆襲」など活躍の場を広げている。

江藤潤(銀のユニフォーム)
1951年10月28日生まれ。A型。
スタジオミュージシャンの兄・江藤勳の元で修行しているところをチャーリー石黒氏に見出され、日本ビクターより1972年「若すぎる恋」で歌手デビュー。
その後、1973年に日本テレビの青春ドラマ「おこれ!男だ」の高杉一作役に抜擢され俳優デビュー。
それ以降、映画「祭りの準備」「白熱-デッドヒート-」「帰らざる日々」「戦国自衛隊」「純」、ドラマ「青春の門」など数々の名作で主演。

三ツ木清隆(青のユニフォーム)
1953年5月30日生まれ。O型。
劇団日本児童在籍中の1967年、特撮ヒーロードラマ「光速エスパー」に主演・俳優デビュー。
それ以降「決めろ!フィニッシュ」「白獅子仮面」「ウルトラマンタロウ」「俺たちの祭」「特捜最前線」「暴れん坊将軍」など数々のドラマに出演。歌手としては1970年に川内康範氏に師事し、キャニオンレコードから「あなたに捧げた愛だから」で歌手デビュー。
1983年に「秋冬」が大ヒット。

2019年8月2日に衝撃のデビュー。地球デビューシングルCD「クゥタビレモーケ」でカップリングの「チュッチュッチュッ宇宙」。
268歳パワーが地球で魅惑全開の新触感発進!

明日は貴方の街にも出没するかも!

クゥタビレモーケ




世界ミドル級王座を奪回した村田の息子に送った温かい手紙

村田諒太

2019年7月12日、難敵王者ロブ・ブラント(米国)からWBA世界ミドル級王座を奪回した村田諒太は、初めて長男晴道くん(8歳)を自らの試合に招待。
今まで自らの試合には招待しないと家族に約束していたのを破っての行動だった。 “世界ミドル級王座を奪回した村田の息子に送った温かい手紙” の続きを読む

人生で一番辛いときは何!

人生で一番辛かった事のトップ3は一般的に次の事柄が多いようだ。

第3位は、結婚生活。
世の男性女性は「結婚したら終わりだ」「結婚したくない」と考えている人が多く、晩婚化が進んでいる。「結婚したくない」という理由は、与えられた今までの嫌な夫婦間の光景や自分の両親など、マイナスなイメージがあるからだ。 “人生で一番辛いときは何!” の続きを読む

超絶景スポットが見つかる17の撮影ポイント

河口湖から見た富士山

富士山五合目雲海

超絶景ポイントを見つけようと思っても簡単にはいかない。
偶然性や運などもある。経験則で得た超絶景の現場に遭遇するための17の撮影ポイントを紹介。

17の教訓が重なれば超絶景が臨める現場に立ち会う奇跡がおこる。

1. 好奇心をもて
2. ムダな時間をつくれ
3. ムダな時間をムダにするな
4. 動く事で奇跡を起こせ
5. 失敗した教訓を反省しろ
6. 失敗に気づかないのが失敗だ
7. 面倒くさいと思うな
8. カメラはいつも持参せよ
9. 外出のとき天候を気にするな
10. 何事にも興味をもて
11. 探検心をもて
12. 人の流れのをいけ
13. 常に頭脳は柔らかくせよ
14. を味方につけろ
15. どんな時でも平常心を保て
16. 配り・配り・配りが大事
17. 万全な体調で臨め








服のボタンを留めるとズレてしまう場合があるのは、なんでだろう?

ボタンは下から留める

服を着るとき、上から順にボタンを留めて一番下までいくと、ズレてしまう事がたまにある。
一番上のボタン穴は自分の目から見えにくいので勘で留めてしまい、一番下のボタン穴にきたときにボタン穴が無いのでズレたことに気がつく。また~、初めからやり直すのは面倒だ。時間が2倍かかってしまう。 “服のボタンを留めるとズレてしまう場合があるのは、なんでだろう?” の続きを読む