弥生時代の復元竪穴住居の茅葺屋根の葺き替え作業風景

竪穴住居屋根葺き替え作業

弥生時代中期(紀元前1世紀)の復元された竪穴住居です。日々のメンテナンスが大事で15年毎に茅葺屋根の葺き替えを行います。職人が不足していて作業も大変なようです。

竪穴住居の内部

平面の大きさは5m×6m(約18畳半)で、南北に少し長くなっています。また、隅が丸く小判のような形をしています。柱は4本あって床中央部に正方形を形作るように配置されています。入口は南にあり、丸太を削って足場をつけた階段を降ります。階段の右脇には貯蔵穴があって板でふたをしてあります。
中に入ると中央からやや奥に寄ったところに炉があります。炉を囲んで食事をしたり人々の団らんの場だったのでしょう。
佐倉市で発掘される竪穴住居跡では床面の中央とやや奥に入ったあたりまで土は硬く締まっています。いつも人が歩いたり座ったりしていたからでしょう。

日光東照宮の「鳴龍」の声が千葉でも聞ける?

日光東照宮の「鳴龍」の声が千葉でも聞ける?

日光東照宮・本地堂の天井に描かれている龍の頭の下で拍子木を打つと「キィーン」という甲高い音が反響して龍が鳴いているように聞こえます。これは「日光の鳴竜」と呼ばれるものです。これと同じ鳴き声が「千葉県立房総風土記の丘資料館」正面玄関前で聞くことが出来ます。

房総のむら

この周辺で、強く手を叩くと非常に響く場所があります。その響き渡る音を龍の鳴き声にたとえ「鳴龍」と呼びます。床に表示してある赤い丸の場所が良く響くようです。龍角寺を一夜にして建立したという龍の鳴き声は、このような声だったのでしょうか?

鳴龍
資料館は、千葉県北部に位置し利根川と印旛沼に囲まれた自然豊かな栄町に参加体験型の博物館「千葉県立房総のむら」の「風土記の丘エリア」にあります。

「千葉県立房総のむら」のある栄町のキャラクターは龍夢(ドラム)です。709年、竜女が現れ一夜のうちに諸堂を建立したと伝えられる龍角寺(栄町)は関東地方で最も古い寺院のひとつです。
キャラクターのドラムは、龍角寺に伝わる龍伝説からきています。「鳴龍」の声を聞きに来館して見てはいかがですか。

ドラム

弥生時代の復元竪穴住居の茅葺屋根の葺き替え作業風景

こんな道路標識を見つけちゃった!

たぬき道路標識

千葉県の国道408号線の住宅地と住宅地の間の山林地帯の「タヌキ」の道路標識を見つけた。動物に注意の標識にも、珍しい動物標識があるようだ。
デジカメやスマホ片手に、変わった面白い標識を探しながら散歩やウォーキングすると、ぐーんと楽しみ2倍かも!今日から「珍標識探し隊」になろう!

動物標識

横浜の「大天才」カラスが見せた仰天行動

大天才カラスの離れ業

横浜市南区の弘明寺(ぐみょうじ)公園の水飲み場で水を飲むときは蛇口の栓をくちばしでつつき、上向きの蛇口から数センチ出る水を飲んでいた。
一方、水浴びするときは、栓をくちばしでくわえて大きくひねり、50~80センチほど吹き上がる水を浴びていた。この「大天才」カラスは再び栓を回して水を止めることはせず、公園に来た人たちが止めていた。

弘明寺公園の展望台

つがいのオスや周りのカラスが栓を回すことはなかった。その後も観察を続けたが、このメスは姿を見せなくなったという。

カラスの水飲み場

テレビニュースを見た2時間後に観察のため足を運んだ。現場には既にテレビ取材陣がいて、フジテレビのリポーターからインダビューを受けた。その日の夕方、フジテレビのプライムニュースで放映された。千葉から弘明寺公園にいち早く駆け付けた甲斐があった。

匿名の芸術家バンクシー 千葉に現る?

印旛沼のほとりにある千葉県印西市の双子公園のトイレの外壁に二足歩行する猿が持つライフル銃に子猿がしがみつく絵が描かれていた。
銃規制の実態に警鐘し、銃社会への警告にも映る。銃使用の禁止を猿から学ぶ皮肉な絵にも見える。

バンクシーかも

世界中を舞台に活動している匿名の芸術家、バンクシーが描いたのではないかと話題沸騰。県道65号線沿いで目立つ場所なんだけど。

双子公園から印旛沼を望む