技術・技能を習得するため日本に学び、母国の発展に貢献したい

日本の日本語学校に留学するため、ミャンマーの首都ヤンゴンにあるミャンマーの友人が経営する日本語学校に学ぶ学生は、将来に向けて日本語のマスターに一生懸命である。
日本の企業に就職し、日本の技術・技能を身につけ母国の発展に貢献すると言う希望がある。

学ぶ意欲と熱意は、学生達に共通している。現在、日本の企業では外国からの優秀な人材を積極的に受け入れていく傾向にある。
その前提となるのが日本語の習得である。
日本語を勉強するミャンマーの学生を応援する。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です