相撲力士が作った「ちゃんこ鍋」をタダで食べよう

栄町の節分

栄町で毎年恒例の節分が行われた。舛乃山大晴(ますのやま ともはる)力士は、千葉県印旛郡栄町出身で千賀ノ浦部屋所属の現役大相撲力士。
愛称は「とも」。身長179cm、体重173kg、血液型はO型、星座はさそり座。得意手は突き押しで、他に掬い投げも得意とする。

桝乃山大晴

大相撲番付表
千賀ノ浦部屋が期待する力士。節分の日は、無料で舛乃山関を始め千賀ノ浦部屋所属の力士が作った「ちゃんこ鍋」を振る舞った。ダシが実に美味しい。
元祖の味に舌鼓を打った。具は、何の肉を使うか分りますか?鶏肉だそうだ。
四足の牛や豚だと「土がつく」ので縁起をかついで使用しないそうだ。
土がつかない」二足歩行の鶏と決まっている。
四足のもので、出汁をとるのは、縁起が悪いと言うことらしい。つまり縁起をかつぐ勝負鍋と言う事だ。本来「ちゃんこ」とは相撲部屋の力士が作るまかない料理全てを指す。

ちゃんこ鍋
相撲部屋の料理は様々で、丼ものだったり時にはカレーライスの日だってある。それら全てを含めて「ちゃんこ」というのが、本来の「ちゃんこ」の意味らしい。「ちゃんこ鍋」の「ちゃん」とは父ちゃん、母ちゃんのちゃん、「こ」は、子供を意味し、「部屋の親方と弟子が一緒に食べる料理」の意味という説もある。
「ちゃんこ鍋」が相撲部屋で食べられるようになったのは明治時代のこと。平成31年3月場所時点の舛乃山関の番付は、東幕下57枚目。日本相撲協会の番付は、下から序ノ口、序二段(力士数が最も多い)、三段目、幕下、十両、幕内の順である。関取とは、十両以上の力士を指す。
幕内は、前頭(筆頭、2枚目~16枚目)、小結(1~13枚目)、関脇、大関の順で最高の地位は、横綱(いなくても良い)だ。栄町は、舛乃山関を応援している。横綱目指す舛乃山関をみんなで応援しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です