人間の心理が面白い、性格診断

人間の行動で何かが分かる

機嫌がいい時

1.力強い握手は強い共感と積極性のしるし
スウェーデンの精神科学者であるジャン・アストロムの研究によると、強い共感を持った時ほど、力強い握手をし、逆に、無関心な時ほど、弱々しい握手をするということが分かっている。

2.機嫌がいい時は頼みごとを引き受けやすい
アメリカの心理学者であるカニンガムの実験により、よいことがあって、快の感情になっている時は、他者からの頼みごとを引き受けやすくなることが分かった。

3.罪悪感を抱くと頼みごとを引き受けやすくなる
アメリカの心理学者であるカニンガムの実験により、罪悪感を抱いている状態では、頼みごとを引き受けやすくなるということが分かっている。

見下す心

4.内向的な性格とは意識が内面に向かう性格
世間一般的に、内向的な性格には、悪いイメージがつきまとっている。
そのため、内向的な性格の人たちは、自分自身に対して、嫌悪感を抱いたり、自尊心を喪失したりすることがある。

5.見下す心があると相手の身長が低く見える
オーストラリアン・ナショナル大学のポール・ウィルソン教授は、心理と身長の関係を示す興味深い実験をおこなった。
実験結果は「見下す心があると相手の身長が低く見える」と言うものだった。

6.女性が本音を話す時は肉体的接触がしやすくなる
アメリカの心理学者であるジェラードの実験にて、学生380人にアンケート調査をおこなったところ、女性が自分の意見をありのままに話せば話すほど、異性から多く、身体を触れられていることが多いことが判明した。

嫌いな人

7.自分に自信がない人は回答が曖昧で時間もかかる
ブリティッシュ・コロンビア大学のジェニファー・キャンベル博士の性格テストを使った実験によると、自分に自信がない人は、イエス・ノーがはっきりせず、回答にも時間がかかることが分かった。

8.嫌いな人からは遠くに座りたくなる
食事や会合で、自由に席に座っていい時には、誰が、どの席に座っているかをチェックしてみると、人間は、本能的に、嫌いなものからは、遠ざかるようになっている。

9.相手から右端の席に座ると最も印象に残る
心理学者のニスペットとウィルソンの実験によると、ストッキングを横一列に並べて、どれが一番いいですかと聞くと、ほとんどの人が、一番右端にあるストッキングであると答えた。

緊張状態

10.嘘をついたり、ヤバいと感じたりすると多弁になる
嘘をつくと、バレては、困るためにあせり、体は緊張状態となる。また、何かまずいことが起きて、ヤバいと感じた場合にも、あせって、体は緊張状態となる。

コミュニケーション

メラビアンの法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です