亀の化石か?

亀の化石か、亀甲石か
不思議な奇岩だ。奇跡の石か?亀の化石だろうか?発掘したのは、北海道上川郡。亀の化石のような亀甲石(きっこうせき)だった。
亀の甲羅のような模様が見える岩石。ヒビが7方向に走っていることから、セプタリア(ラテン語の7にちなんで)あるいはセプタリアンノジュールとも呼ばれている。

亀甲石

外側の灰色の部分は、粘土を不純物として含んだ石灰質堆積物が固まった泥灰岩。すき間を埋めている黄色い結晶は方解石で、方解石と泥灰岩にある褐色の層は霰石。海底で形成された泥灰岩の塊が、地質変動によって地表に現れて乾燥することによって、亀甲石は誕生したと考えられている。
亀甲石が乾燥によって風化すると、外側の泥灰岩は粉々になって風で飛ばされ、中心部の方解石のみが残る。この様な亀甲石はメリカリアと呼ばれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です