レイワ歌謡・フォネオリゾーンが地球デビュー

フォネオリゾーン

フォネオリゾーン

2019年現在、全員合計268歳、芸能生活合計220光年!
宇宙ユニット「フォネオリゾーン」が宇宙で話題の新触感としてショッピングモール・イオンタウン成田冨里のステージから規格外の衝撃デビュー。
1970年代の日本映画・ドラマを支えた4人が結成。

「フォネオリゾーン」のメンバーを紹介。

小倉一郎(赤のユニフォーム)
1951年10月29日生まれ。B型。
1960年(9歳)から子役として活躍。1964年に石原裕次郎主演の映画「敗れざるもの」で本格デビュー。
映画「股旅」「ピポクラテスたち」、ドラマ「それぞれの秋」「俺たちの朝」など数々の名作に出演し、名バイプレイヤーとして活躍中。
また童謡作家として秋山敬之介のペンネームで「ぼくのにっきちょう」を作詞・作曲、自ら歌唱も担当。俳句にも造詣が深く、NHK「ひるまえほっと」に出演中。

仲雅美(黄のユニフォーム)
1950年11月9日生まれ。B型。
1968年、東光夫としてミノルフォンより歌手デビュー。
1970年に仲雅美に改名後、日本ビクターより「だから愛して」で再デビュー。歌番組の新人コーナで歌っているところを木下恵介氏に見出されTBSドラマ「冬の雲」で俳優デビュー。
1971年「ポーリュシカ・ポーレ」が大ヒット。映画「同棲時代-今日子と次郎-」「愛と誠」、最近では映画「乳首ドリルの逆襲」など活躍の場を広げている。

江藤潤(銀のユニフォーム)
1951年10月28日生まれ。A型。
スタジオミュージシャンの兄・江藤勳の元で修行しているところをチャーリー石黒氏に見出され、日本ビクターより1972年「若すぎる恋」で歌手デビュー。
その後、1973年に日本テレビの青春ドラマ「おこれ!男だ」の高杉一作役に抜擢され俳優デビュー。
それ以降、映画「祭りの準備」「白熱-デッドヒート-」「帰らざる日々」「戦国自衛隊」「純」、ドラマ「青春の門」など数々の名作で主演。

三ツ木清隆(青のユニフォーム)
1953年5月30日生まれ。O型。
劇団日本児童在籍中の1967年、特撮ヒーロードラマ「光速エスパー」に主演・俳優デビュー。
それ以降「決めろ!フィニッシュ」「白獅子仮面」「ウルトラマンタロウ」「俺たちの祭」「特捜最前線」「暴れん坊将軍」など数々のドラマに出演。歌手としては1970年に川内康範氏に師事し、キャニオンレコードから「あなたに捧げた愛だから」で歌手デビュー。
1983年に「秋冬」が大ヒット。

2019年8月2日に衝撃のデビュー。地球デビューシングルCD「クゥタビレモーケ」でカップリングの「チュッチュッチュッ宇宙」。
268歳パワーが地球で魅惑全開の新触感発進!

明日は貴方の街にも出没するかも!

クゥタビレモーケ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です