偉人・英雄の失敗エピソード

「誰も最初はゼロだった」
失敗は成功の始まり……
失敗の数だけ成功の階段が増える。
造られた階段をどの段階で上るか人生の向きが決まる。
人生は失敗と後悔と反省の連続。
失敗を恐れてチャレンジしないのは大失敗で生き残れない。

リンカーン・ベートーベン・ディズニー

1.エイブラハム・リンカーン
(第16代アメリカ合衆国大統領)
22歳で事業に失敗。
23歳で州議会議員に落選。
25歳で再度事業に失敗。
26歳で恋人に死なれ、
27歳で神経の病になる。
34歳から5年間に3回下院議員に落選。
46歳で上院議員に落選。
47歳で副大統領なろうとするが失敗。
49歳で上院議員に落選。
51歳で合衆国大統領になる。

2.ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン(ドイツ・作曲家)
彼は不器用でヴァイオリンが下手だった。
練習して技術を磨くより、
自作の曲を好き勝手に弾いた。
だが、先生に言わせると、
作曲のほうも絶望的だった。

3.ウォルト・ディズニー
(米国・漫画家/実業家)
彼はアイデア不足を理由に
新聞社をクビになった。
ディズニーランドを建設するまでに
何度か倒産した。

エジソン・アインシュタイン・ニュートン

4.トーマス・エジソン
(米国・発明王)
彼は、教師に
「頭が悪くて何ひとつ学ぶことができない生徒」と酷評された。
後年、電球を発明するまで
1万回失敗した。

5.アルベルト・アインシュタイン
(ドイツ・理論物理学者)
彼は4歳になるまで言葉をしゃべらず、
7歳になるまで字が読めなかった。
生徒は彼のことを「頭が悪いし、友達とは遊べないし、
バカげた空想の世界にいつまでも浸っている」と言っていた。
結局、学校を退学になり、
チューリッヒ工業学校にも入学できなかった。

6.アイザック・ニュートン
(英国・物理学者)
彼は、小学校時代、
勉強はまるでダメだった。
いつも友人にからかわれていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です