偉人・英雄の失敗エピソード part 2

「誰も最初はゼロだった」
失敗は成功の始まり。
始めから成功する人は偶然の出来事。
失敗は、お金では買えない財産。
失敗を恐れず積極果敢な行動が成功への第一歩である。

失敗する数だけ知恵と言う財産が増える。これだけの頭脳財産があれば希望が見えてくる。
世の中に怖いものなんか何一つない。
失敗したことがない人はいない。

フォード

7.ヘンリー・フォード
(米国・自動車王)
彼は成功するまでに
5回も倒産を経験した。

8.ベーブ・ルース(米国・野球選手)
彼は、最多本塁打記録を打ち立てたと
同時に最多三振記録保持者でもある。

9.ウィンストン・チャーチル
(英国・政治家)
彼は小学校6年の時に落第した。
62歳に首相に就任するまで、
挫折と敗北続きの人生だった。
大きな功績を残したのは、高齢者と
呼ばれる歳になってからである。

岡本太郎

10.岡本太郎(日本・画家)
アートな環境で育った彼は、少年時
代、友達もなく教師に反抗して転校を
繰り返していた。小学校2年生の頃、
来る日も来る日も死にたいと思い自殺
が頭から離れなかった。
「太陽の塔」を作った理由を問われる
と、「当人に聞いてみないとわからな
い」と珍回答。

11.オーギャスト・ロダン
(仏国・彫刻家)
彼は、学校で最低の評価をつけられ、
美術学校の入学試験にも3回落ちた。
彼の父は「不肖の息子を持って情けな
い」と嘆いた。叔父に言わせると、
彼にはどんな教育も無駄だった。

12.川端康成(日本・小説家/文芸評論家 ノーベル文学賞受賞作家)
代表作に「伊豆の踊子」「雪国」など
父、母、祖母、姉、祖父と立て続けに
亡くし15歳にて天涯孤独の身となる。
売れる前、菊池寛(小説家・劇作家)に良く金を借りていた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です